緊急避妊ピルは予定していない、望まない妊娠を防ぐことが出来ますが、その確率はもちろん100%ではありません。失敗してしまった場合、原因はなんだったのか、その後どうしたのかについて具体例をまとめました。

緊急避妊ピルは生理不順に効果が?妊娠検査薬の活用理由

緊急避妊ピルは性行為があった後、通常であれば72時間以内に服用することで望まぬ妊娠を避けることが出来ます。緊急避妊ピルには多量の女性ホルモンが含まれており、それを一気に体に取り入れることで子宮内の状態をより妊娠しにくいものに変化させていくのです。女性の体は脳下垂体という部分がホルモンを分泌して排卵を促したり、子宮内の状態を妊娠に適した環境にしていきます。緊急避妊ピルはそれ自体で女性ホルモンを体内に取り込むことができるので、この脳下垂体がすでにホルモン分泌の必要がないと勘違いをしてその機能を止めていきます。そして、子宮内膜組織をそのままはがれ落としていくことで、強制的に妊娠を防いでいくことが出来るのです。
緊急避妊ピルはその名の通り、高い避妊効果が魅力の薬ですが、生理不順などのホルモンバランスの調整には不向きな面もあります。一般的に生理不順の治療の際に使用するピルは低用量ピルなどの長い期間をかけて続けていくものです。毎日継続的に適切な量の女性ホルモンを摂取していくことで、生理不順の症状を改善していくことが出来るのです。その点緊急避妊ピルの場合、継続的な使用はまずないので、生理不順の治療には適さないのです。
緊急避妊ピルは服用後1週間程度で生理のような出血、消退出血があります。これで子宮内膜がうまく剥がれ落ちて避妊が成功したということです。ただ、人によってはこの消退出血が遅れてしまったり、不正出血との違いがうまく判断できないというケースもあります。こんなケースであれば、その都度妊娠検査薬でその避妊効果の有無をチェックしていく必要があります。
妊娠検査薬であれば市販されているものを気軽に購入することができますし、何より確実です。緊急避妊ピル服用後中々出血がなくて不安だという人は、一度試しに妊娠検査薬を活用してみるのもいいかもしれません。