緊急避妊ピルは予定していない、望まない妊娠を防ぐことが出来ますが、その確率はもちろん100%ではありません。失敗してしまった場合、原因はなんだったのか、その後どうしたのかについて具体例をまとめました。

コンドームを使わず緊急避妊ピル服用で得られる避妊効果

一般的にカップル達がセックスをする際にコンドームを装着するのかしないのかについては、セックスの当事者であるカップル達が自由に話し合って決めるべきことです。しかし最近では彼女の方がセックスに関する主導権を握っている場合も多くあり、その場合は彼女がもしコンドームの装着をやめたのであれば、彼氏もそれに従わざるを得なくなります。しかしコンドームを装着してセックスをした場合は94パーセントという高い確率の避妊効果を得ることが出来ますが、装着せずにセックスをしてしまった場合は緊急避妊ピルに頼らざるを得なくなりますので、その場合の避妊効果は僅かに80パーセント程しか得られません。なので一番良いのはコンドームの装着をやめたりしないで、セックスをすることなのです。
そもそもどうして女性がセックスをする時にコンドームの装着をやめたがったりするのでしょうか。コンドームを装着してセックスすると、どうしても女性によっては擦れ等を感じて痛い思いをしてしまうことがあるのです。なので男性にコンドームを装着して欲しくないと希望する女性は、意外にも沢山いるものなのです。しかしそれですと前述の通り緊急避妊ピルを服用した場合でも僅かに80パーセント程の避妊効果しか得られませんので、いくら快楽を得る為だとは言っても、賢い選択であるとは言えません。なのでやはりなるべくコンドームを装着してセックスするようにすれば良いのです。もしもどうしても装着して行為をして痛いと感じるのであれば、彼氏にゆっくり動いてもらう等の別の対策をとれば良いのです。とにかく少しでも緊急避妊ピルに頼る必要のないセックスをしていきたいものです。それにはコンドームの装着が必須となるのです。